専門家として活躍|行政書士の資格を習得して頼られる人材になろう

四年間学ぶことで

女性と子供

保育士の資格を取得するためには通信教育や独学、保育関連の専門学校や短大を卒業するという方法もありますが、大学でも資格取得は可能です。大学の場合は、他の方法よりもより深く保育に関する事柄を学ぶことができます。

もっと見る

リーダーになる為には

男性と女性

企業で重要視されている能力の一つに、マネジメント能力があります。マネジメント能力を得るためには資格を取得する事が、非常に効果的な方法です。様々なマネジメント能力に関する資格がありますから、まずはどのような資格があるのか調べてみましょう。

もっと見る

法律の専門家になる

男女

社会的に必要な役割

行政書士とは専門的な法的知識を持ち、役所等へ申請する書類の作成をする専門家です。行政書士は資格を持たなければできない仕事も多く、その存在は社会的に重要な役割を果たしています。具体的な行政書士の仕事は会社設立時や飲食店開業時、自動車関連、相続関連の手続きの書類を作成することで、迅速かつ丁寧に行わなければなりません。書類作成は顧客との打ち合わせが大切なため、専門知識以外にもコミュニケーション能力も必要となります。行政書士は働き方にも特徴があり、行政書士事務所に所属して働く人と開業する人に分かれます。資格を取得してからすぐに独立・開業する人も珍しくなく、結婚や出産後に自分の時間に合わせて働くことも可能なため、注目を集めている資格と言えます。専門家として活躍しましょう。

取得するための勉強方法

行政書士の資格を得るためには国家資格を受験して合格する必要があります。法律の専門家なため試験は広く、合格率は4〜10%とかなり難しい試験となっており、合格するためには計画的な勉強が大切となります。勉強方法は独学と予備校、通信講座などがあります。独学の場合は行政書士事務所で事務職等として働きながら知識を得たり、参考書を活用する人が多いです。ただし参考書は様々な種類があり、自分に合ったものを選ぶことが合格する近道となります。予備校では20万円ほどの費用が掛かり、決められた時間に通わなければなりませんが、経験豊富な講師が重要項目や効率的な勉強方法を教えてくれるためメリットも多くなります。通信講座は10万円ほどの費用は掛かりますが、講座によっては動画配信、サポートシステムが整っており、独学よりも効率的に知識を得ることが出来ます。行政書士の資格を得るには経済面、時間帯など自分の現状にあった勉強方法をすることが大切であり、どの勉強方法をとるにしても最低1年前から計画的に取り組むことが必要です。

通学制と通信制を比較する

学生

保育士になるためには、資格取得が必須条件となっています。専門学校に通うなど、通学タイプが主流となっています。しかし、通えない人は通信制を活用してみましょう。通信制でも資格を取得することは可能です。自身にとって効率的な方法を選択しましょう。

もっと見る